はあと屋とは

チャレンジド(challenged)って、どういう意味なの?

チャレンジド(challenged)とは、近年、アメリカで用いられるようになった障がい者を指す言葉で、「神様から挑戦すべきことを与えられた人たち」という意味が込められています。

『チャレンジド・ショップ はあと屋』は長崎市の事業で、障がいのある方々が製作された品々を販売する常設店です。県内では初めての試みで、店舗名称の『はあと屋』は、田上長崎市長が命名しました。

このお店がチャレンジドの就労や社会参加の新しい窓口になればと願っています。どうぞ市民の皆様のご利用をお待ちしています。

アクセス